オールインワンゲルの美容成分と特徴

理想的な肌でいるために最も重要な「保湿」
ハリやうるおいのある肌でいられるのは、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンがきちんと生み出されているから。加齢や紫外線などの影響でそれらが減少することで乾燥がすすみ、シワやたるみが加速します。

 

ですから、肌の調子が悪い時には保湿成分の配合された化粧品でケアすることが重要です。

 

水分を挟み込んでキープする保湿物質

セラミド
スフィンゴ脂質
水素添加大豆レシチン
ステアリン酸コレステロール

 

水分を抱え込むタイプ肌の真皮にある成分

ヒアルロン酸
コラーゲン
エラステチン
ヘパリン類似物質

 

水分をつかむタイプ

天然保湿因子(NMF)
PG、グリセリン、1.3BG

 

これらの保湿成分に加えて、それぞれの悩みを解消に導く美容成分は以下のようなものがあります。

 

 シミに有効、美白成分

ビタミンC誘導体
アルブチン
エラグ酸
コウジ酸
ルシノール
トラネキサム酸など

 

 シワに有効な成分

ビタミンC誘導体
ルチノール
AHA
ナイアシンなど

 

 たるみに有効な成分

ビタミンC誘導体
ルチノール

 

 

関連ページ

年齢・肌タイプ・肌の悩みで選ぶ
たくさんあるオールインワンゲルですが、どれを選んだらいいか迷ってしまっているなら、基本的な3つのポイントを確認しましょう。使う人の年齢、肌タイプ、肌の悩みによって使うべきオールインワンゲルのおすすめは違ってくるからです。